こんまりメソッドを試してみて気づいた良かったこと4つ

最終更新日

「こんまりメソッド」がアメリカでめちゃくちゃ流行っているようですね。

 

私もネットフリックスで「こんまり」の動画を見て、すごく感化されました。

 

さっそく我が家も「こんまりメソッド」で片付けましたが、部屋も綺麗になるし、気づきもあるしで良いことづくしでした。

 

「こんまりメソッド」を試してみて良かったことを4つ紹介します。

 

こんまりメソッドでパンツを片付けた動画

 

他に片付けるものがなく、自分のパンツをユーチューブに明かしてしまいました。

 

下品ですかね。

 

私、パンツが恥ずかしいという意識が昔からなくて、「他の服と変わらない、ただの布じゃないか」という感じなんです。

 

もちろん下着なので、服とは違う恥ずかしさはあるのですが、ヒートテックやキャミソールと変わらないジャンルなんです。

 

だからもし、不快な思いされましたらすみません。。。

 

 

こんまりメソッドで服を片付けたら3袋のゴミが出た

 

ユーチューブではパンツを片付けていますが、こんまりメソッドでまず最初に服を片付けました。

 

着ない服、こんまり流に言うと「ときめかない服」がゴミ袋3袋分もありました。

 

 

「よく使うもの」が必ず「好き」ではないという気づき

 

以前から「好きじゃない」と思いつつ、「汚れても気にならないし無難だから」という理由でよく着る服が数着ありました。

 

こんまりメソッドでは「ときめく」か「ときめかない」かの2択で、残すものを決めます。

 

よく着るものでも、ときめかないものは捨てるというルールです。

 

そのルールがすごくいいなと思いました。

 

 

「よく使う」から「好きなもの」というわけではないし、「よく使う」から「自分にとって良いもの」というわけではないですもんね。

 

これは物だけじゃなく、生き方や交友関係、仕事や住んでいる場所など色々なことに当てはまるなと思いました。

 

 

毎日当たり前に目にすることや、慣れ親しんだものでも、自分と合わなくなっていくものだし、合わなくなったものに自分を合わせる必要はなく、卒業していくことも大事なんだという気づきがありました。

 

 

妥協や値段で物を買うのをやめようと思えた

 

こんまりメソッドで片付けをすると、ときめかない物を家に置けなくなります。

 

そうすると「これからは妥協や値段の安さで物を買うことができないな」と思いました。

 

 

だから本当に気にいる物しか買えない。

 

 

「気に入ったものを買う」なんて当たり前のことのようですが、そんな当たり前だと思っていることでさえ、普段できていなかったんだなと気がつきました。

 

 

こんまりメソッドで掃除が楽になった

 

子どもの頃に「片付けをしなさい」と教えられていても「片付けのやり方」はきちんと教わっていませんでした。

 

そもそも掃除は、見てマネするか自己流という認識がありましたが、片付け方とか服のたたみ方って、正しいやり方を教えてもらうだけでこんなにも楽になるんですね。

 

あと、維持が簡単なのもいい!

 

どんなことでも、正しい型や、気の持ち方を知ることは大事だなと改めて気づかされました。

 

こんまりメソッドはシンプルで万能で、物との付き合い方を教えてくれるのでとても気に入りました。

 

こんまり超良いよ!

 

こんまりメソッドはすごく使えるメソッドでした!

 

あと、ネットフリックスの番組を見て思ったのが、近藤麻理恵さんってすごく素敵な人ですね。

 

見た目は小柄で可愛らしいですが、存在感があり、真の強さや自信が話し方から伝わってきて、説得力と威厳がありました。

 

私も芯の通った強い人間でありたいなと思いました。

 

 

meguren