月曜日のユカを見たら加賀まりこさんが好きになりました

最終更新日

「月曜日のユカ」っていう映画を見た

映画のストーリー自体は正直そんなに面白くないけど

惹きつけられてあっという間に1時間半見てしまった

 

その惹きつけ要素の1つは加賀まりこさんなんだと思う

 

可愛いとか綺麗とかはもちろんで、

そういうルックス的な要素に惹かれている部分もあるんだろうけど

 

伝えたいのはそこではなく

 

加賀さんの魅力とか当時の新しさ、人の成長・変化とかを見てとれてそこが面白くて惹かれたんだと思う

 

古い映画を他に見た事がないので、私の知識不足かもしれないけど、
今の映画みたいに沢山カメラがないという点もとても良かった

 

1人の人間をじっくり見られるのが良かった

 

 

だって日常で1人の人間をじっくり見る事なんてできないから

 

逆に画角ブンブン変えてキョロキョロあたりを見回す事なんて簡単にできるし、飽きないように気を散らすこともできる

 

だから映画はそういう風な視聴者を飽きさせないための工夫を沢山してるものよりも

 

1人の人間をじっくり見られるものの方が面白く感じる

 

でもそれはその写っている人間に魅力があってこそ通る理屈でもある

 

映画の中の「ユカ」って人は私からしたら訳の分からんアホやけど

 

そんな人をじっくり見る事を叶えられていた「加賀まりこ」さんってすごく魅力的な人なんだなと思った

めぐれん

めぐれん

1990生まれ