過食に効果があるアロマオイルとアロマテラピーの方法

最終更新日

アロマテラピーは香りを嗅ぐだけで、リラックス効果や健康効果があります。

とても手軽な健康法ですが、アロマオイルは種類がたくさんあり、ブレンド法や効果などに関する専門知識がないと、どれを選んでいいのか分からないですよね。

ここでは過食に効くアロマオイルと、アロマオイルの使い方を紹介します。

過食に効果があるアロマオイル

過食には気持ちを落ち着かせたり、元気にしたりするアロマオイルが効果的です。

過食をやめたいという人はぜひ取り入れてみましょう。

 

消化器系に効く「オレンジスイート」

オレンジスイートは、柑橘系の甘酸っぱい香りです。

 

過食で疲れた胃腸を癒し、明るい気分にする効果があります。

また、胃腸が元気になることで、満腹感や食欲が正常に働くので、胃腸を整えるオレンジスイートは効果的です。

 

主な効能

  • 消化不良・消化器系の不調を改善
  • 気持ちを元気に明るくする
  • 安眠効果

 

アロマオイルは、質の悪いものは安いですが、質がいい精油100%のものは値段が高いです。

 

↓このサイトだと、有機精油100%のアロマオイルが、1000円以内で買えます。ラベルデザインなどをシンプルにし、仲介業者を通さないことで値段を抑えています。

質はとてもいいので、オススメです。↓



 

むくみを解消「ゼラニウム」

 

ゼラニウムは、甘くフローラルな香りです。

 

自律神経が乱れていると、過食衝動が起こりやすくなるのですが、ゼラニウムには自律神経を整える効果があります。

 

また、体内の余計な水分を排出する効果があるので、過食でむくんだ体に使いたいアロマオイルです。

 

主な効能

  • 自律神経の働きを整える
  • PMSや生理痛、生理不順を和らげる
  • むくみの解消

 

ゼラニウムも先ほど紹介した、↓こちらで取り扱っています。



リラックス効果が高い「サンダルウッド」

 

サンダルウッドは、エキゾチックな香りです。ヨガの瞑想時などにも使われます。

 

過食は気分が高揚していたり、落ち着かない時に起こってしまいます。サンダルウッドは、強いリラックス効果があり、精神を沈めてくれます。過食前の不安定な気持ちを感じた時に、使いましょう。

 

主な効能

  • 強い鎮静効果
  • 深いリラックス
  • 血行を促進
  • 優れた殺菌効果

 

サンダルウッドは、上記の灯台美オイルでは取り扱いがありません。

以下のNowfoodsのメーカーがオススメです。↓

Now Foods, エッセンシャルオイル, サンダルウッド

 

自信を取り戻す「ジャスミン」

 

自尊心の低さも過食をする原因の1つです。ジャスミンには、自信を取り戻す効果があり、無気力な状態を改善してくれます。

 

気分が落ち込み、何もしたくない時に使いたいアロマオイルです。

 

主な効能

  • うつ・無気力改善
  • 自信を取り戻す
  • PMSなど女性特有の症状に効果あり

 

Now Foods, ソリューション, ジャスミン

 

パニックを取り払う「フランキンセンス」

フランキンセンスは特徴的な香りで、美容効果が高いことでも知られています。

 

過食をすると「太ってしまうんじゃないか」という強迫観念や、「過食衝動を止められない」というパニック状態に陥りやすいです。フランキンセンスは、そういった状態を沈めてくれるアロマオイルです。

 

主な効能

強迫観念やパニックなどを取り払う

肺・鼻・のどの粘膜に効く



アロマオイルの使い方

アロマオイルは香りを嗅ぐためのものですが、香りを楽しむ方法も色々あります。自分の生活に取り入れやすい方法を試してください。

 

芳香浴(香りを嗅ぐ)

芳香浴は最もポピュラーなアロマテラピーの方法です。アロマオイルの香りを拡散させて、その匂いを嗅ぎます。

 

ティッシュで芳香浴

アロマオイルの使い方で、最も簡単で手軽な方法がティッシュやコットンを使う方法です。手順は以下の通りです。

 

  1. ティッシュやコットンにアロマオイルを2~3適垂らします。
  2. 寝る時に枕元に置いたり、机の上に置いて香りを楽しみます。
  3. ティッシュを鼻の近くに持ってきて、深呼吸すると効果が高まります。

 

マグカップで芳香浴

上記のティッシュで香りを嗅ぐ方法よりも、香りが強くなり効果が高い方法です。

 

  1. マグカップ8分目までお湯を入れる。
  2. アロマオイルを1~5適垂らす。
  3. 香りを嗅ぐ

 

アロマ用の機器を使う

アロマポット、アロマディフューザーなどを使うと、上記の方法より広い範囲に香りを拡散させることができます。

 

アロマポットは、火を使って香りを拡散するのですが、温度が高くなりすぎるとアロマオイルの成分が変質します。温度調整が難しいので、電気を使うタイプがおすすめです。

 

ラサーナ アロマ ディフューザー 入門キット



ルームスプレー

アロマオイルを使って、ルームスプレーを作り、部屋に香りをスプレーする方法もあります。

 

ルームスプレーの作り方

  • アロマオイル10滴、無水エタノール5ml、精製水45mlを混ぜる。
  • 冷蔵庫で1ヶ月もちます。

 

アロマバス(お風呂に入れる)

 

アロマオイルをお風呂に入れて入浴するのが、アロマバスです。

 

アロマオイルは、肌に直接触れると炎症を起こすものもあるので、お湯にそのままアロマオイルを垂らしてはいけません。
 
 
アロマバスの方法
  1. バスオイル5~10mlに、アロマオイル5~10滴を溶かす。
  2. ①をお湯に混ぜて入浴する。
※バスオイルがない場合は、ミルク(乳脂肪分の高いやつ)で代用できます。
 
 

マッサージオイル

 

マッサージ用のオイルに、アロマオイルを混ぜて使う方法もあります。

 

マッサージオイルの作り方

  1. ホホバオイルやアーモンドオイル5mlに対し、アロマオイル1滴を混ぜる。
  2. 体に伸ばし、優しく揉んだり撫でたりしてマッサージする。

 

Now Foods, Solutions、スイート・アーモンドオイル (473 ml)

 

 

過食をやめたい時はアロマの力を借りて気持ちをコントロールしましょう

 

過食をしてしまう時は、ネガティブな気持ちになっていたり、疲れが溜まっていたりすることが多いと思います。

 

アロマはそんなネガティブな気分を変えるために、とても役に立ちます。

アロマオイルの効果を知って、気分に合わせて使い分けることで、過食したい気持ちをうまくコントロールしましょう。

めぐれん

めぐれん

1990生まれ