テラスハウス軽井沢33話のネタバレ感想【32話の伏線を回収】

最終更新日

テラスハウス軽井沢の33話は、32話で起きた出来事の答えが出た回でした。

大きな盛り上がりはなく、今回は感情もあまり動かなかった。

 

淡々と前話の結末をみた感じです。

 

新メンバーはノアのことが気になる!?

新メンバーの俊亮は、メンバー全員と顔を合わせる。

みんなに「セクシャリティをはっきりさせに来た」と話します。

 

ノアと俊亮2人でお風呂に

 

ノアと俊亮は2人でお風呂に入ります。

ノアがゴツいから、俊亮が普通に女の子に見えてくる。

 

ノアが俊亮の頭をポンっとするシーンもあったけど、男同士でも頭ぽんぽんするもんなのか?

 

そのあと俊亮が、湯船に鼻まで浸かって「ぶくぶくぶく」ってやんねんけど、ドラマかよってな。

 

これ↓

 

リアルで考え事しながら気持ちが分からなくなって「ぶくぶくぶく」ってすんねんな。

 

 

いや、すんのか?

 

私はしたことない。

 

今日してみよ。

 

俊亮は綾にお風呂での出来事を報告

 

俊亮は綾に、お風呂での出来事を報告します。

 

俊亮「ノアのことかっこいいと思うけど、付き合ってるって聞いたし、『気になってる』って聖南さんに言うのも違うのかな」

 

綾「付き合ってるからって、自分の気持ち押し殺す必要はないと思う」

 

 

まあそうだけど、付き合ってるからね。

しかも付き合いたてだからね。

 

単純に望み薄いから、「気になる」程度でかき乱す必要もないんじゃないかな。

 

「好き」なら、カップルに報告するなり宣戦布告してもいいけどさ。

 

その程度の気持ちで、毎度本人たちに報告してたら友達なくすぞ。

 

まあ、それがテラスハウスのルールなのかもしらんが。

 

 

 

聖南とノアは卒業を発表

聖南とノアは2人仲良く鎌倉デート。

美男美女ですごくお似合いです。

 

 

テニスデートのために、スコートを買った聖南。

優衣と買いに行ったらしい。(ちなみに今回優衣は大人しめ。特に出番なし)

 

スコートってこれ↓ね。このスカート。

 

でもスコートとか、着ることほとんどないだろ。

 

1回のデートのためにユニフォームを買う。

こういう人が経済を回すんだなーと。思いました。

 

卒業の相談をする2人が台本っぽいんだが

 

聖南とノアはカフェのテラス席でソフトクリームを食べながら、今後の相談をします。

 

 

聖南「私さ。『最後の恋をしにきた』ってテラスハウスに入ったじゃん」

 

ノア「うん」

 

聖南「それでノアと付き合って、テラスハウスに来た理由が叶ったから、ずっといるのは違うかなと思って。ノアはどう思ってる?」

 

ノア「聖南と出会って付き合って幸せだし、長くいる必要はないかな。多分そこは同じ考えだと思う」

 

聖南「幸せですよ」

 

ノア「(聖南の頭ポンポンしてチュー)大好きだよ」

 

聖南「大好きよ」

 

 

細かいセリフはないんだろうが「この場所でこういうテーマで話をしてくれ」っていう台本は決まってるんだろうな。

 

カメラで撮ってない時に、大事な話しされても物語を繋げるのが大変になって困るもんな。

 

たまに感じる不自然さは、番組づくりのためにはしょうがないんだろう。

 

最後の恋だといいな。お似合いやからサッサと結婚してほしい。

 

結婚=最後の恋という訳でもないが、一番いい流れなのは結婚だな。

 

 

寮長(貴之)はテラスハウスの外に好きな人がいる

 

寮長は、「テラスハウスの外に結婚したいほど好きな人がいる」と聖南に告白。

 

3年前に出会った人らしい。

 

今までの綾への態度、距離感はそういうことだったのね。

 

期待を持たせないように気をつけてる感はあったけど。

表情で出すだけじゃなく、言葉で伝えないと。

ただの愛想ない男に見えるだけや。

 

男女2人で遊びに行ってるなら「外に気になる人がいるんだ。」くらい言えるだろう。

 

でもまあ、↓の記事にも書いた「綾と寮長がいい感じに見えないんだが」という疑問に答えが出ました。

http://moya-detox.com/terrace-house32/

 

 

寮長は綾に好きな人がいることを報告

 

聖南からの助言もあり、寮長は綾に好きな人がいると伝えます。

 

 

寮長「俺さ、すごく好きな人ができて」

綾「うん」

寮長「それがテラスハウスじゃなくて、東京にいる女性なんだけど」

綾「うん」

寮長「綾ちゃんとは一緒に遊んで、また『星見に行こう』って言ってたけど、好きな人ができたから、女性と2人で出かけるのはしないようにしようって思ってて」

綾「うん」

寮長「『だから何?』かもしんないけど、綾ちゃんには、勝手ながらこの気持ちを知ってほしいじゃないけど」

 

 

うーん。

寮長的には、「若い女子が自分のことが好きという前提で話を進めるのが、あつかましい」という気持ちがあったんだろうな。

 

だから、「遊ぼう」と言われれば「深い意味はないだろう」と自分に言い聞かせて遊びに行くし、プレゼントを貰えば「若い女の子から貰いっぱなしは良くないな」とお返しを渡すし。

 

すごく分かるが、その対応はもうちょい歳離れてからの方がいいかな。

 

 

娘くらい離れてたら分かるが、言っても12個くらいだろ。人にもよるけど男女を意識して当たり前の年齢差だからな。

 

 

寮長は綾を子ども扱いしているように見えた

 

寮長は綾に対して子どもに接するような優しさを感じました。

 

 

女というより、自分に懐いてくれる後輩、って感じなんだろうな。

 

モテる教師が生徒に好かれて、優しく対応する。。みたいな?(実際そんな夢物語起こらんけど)

 

 

寮長も卒業を報告

寮長も「好きな人に告白した後に、テラスハウスを卒業する」とノア聖南に報告。

 

どうなるのかな。

 

どんな人なのか気になる。

 

 

それはまた来週。

 

 

 

 

 

meguren